FireFTP :: Add-ons for Firefox 画面と設定事例

FireFTPアイコン  FireFTPは、ウェブブラウザであるMozillaのFirefoxで動作するアドオン(拡張機能)で、FTPクライアント(ウェブサーバーにFTP接続するソフトウェア)である。 画面は左右2画面と、下段のログ表示による3ペイン表示のソフトウェア。

  ブラウザからサーバーにアップロードできるHTTP方式のアップローダーとは異なり、転送するファイルをひとつずつ参照しては転送する面倒な作業ではな く、サイトをローカルフォルダの中身丸ごと一気にアップロードすることもできる。基本的に画面左半分がローカルフォルダ(自分のパソコン)で、画面右半分 がホストの中身として表示。下段は通信のログが表示され、至ってシンプルである。

 特徴としては、ブラウザのFirefoxがFTPクライアントの機能を持つようにするアドオンタイプのソフトであり、フォルダごとの階層化表示が複数同時にできる。

 現在では細かな設定が可能になっているものの、Filezilla (SFTP/FTPS/FTP対応)のような同名ファイルがあった場合の比較(ファイル容量の大小・タイムスタンプ)の自動化が機能として存在せず、上書きは確認ダイヤログの表示までとなる。

 FTPSやSFTPが注目されるようになったのは、Gumblar(ガンブラー)と いうウイルスがきっかけ。 このページを書いている私も長いことサイト運営をしてはいるものの、幸いにも 改ざんや不正アクセスは無く、インターネットを徘徊してて地雷を踏んで酷い目に遭ったことは一度も無い。

 しかし、世間は危険を放置する訳にもいかず、SFTPやFTPSが無いFTP接続のみのFTPクライアントは消えるのを待つのみと なったようだ。 FFFTPの作者(sota)さん。今まで本当にありがとうございました。将来、FFFTPがSFTPやFTPSに対応することがありましたら、またの機会に・・・

 では、FireFTPを導入する方は、最初に Mozilla Firefox を導入しよう。 以後は Firefox を起動して作業を行なう。

FireFTP version 1.0.10 時点の導入方法(Mozilla Firefox ユーザーのみ)

ダウンロードサイト


Mozilla Firefox Add-ons  FireFTP ※英語版
Mozilla公式 アドオン
Mozilla公式のアドオンサイトだが、この時点では日本語版がダウンロードできるようにはなっていないので今回はパスだ。


日本語版製作・提供者 norah'# : FireFTP
日本語版製作者
FireFTPを日本語にしてくれたnoreh'# さんの配布サイト。


アドオン製作者サイト FireFTP - The Free FTP Client for Mozilla Firefox
FireFTP作者のサイト。Other language & Version をクリックした後に、日本語というリンクをクリックすると norah'# さんのページに飛ぶ。

日本語版を導入してみよう

とりあえず、日本語の方が解りやすいので日本語版の FireFTP をダウンロードすることにする。
まず、上記のページを表示する。

ダウンロードをクリックすると馴染みのインストーラーではなく、ダウンロードの確認ダイヤログが表示された。

ダウンロード

基本的に、マイドキュメントの中のダウンロードフォルダの中に保存されているので、ダウンロードしたものを探す。

XPIファイル

このファイルを、Firefox(のウィンドウ内)へ放り込むと、インストーラーが起動する。

XPIを放り込む

左クリックでXPIファイルを掴んだまま、Firefoxの画面内で指を離す。

インストーラー

数秒後に 「今すぐインストール」 というボタンが押せるようになる。

再起動の指示

再起動を促すメッセージが出るのでボタンをクリックする。

数秒でFirefoxが再起動し、インストール済みのアドオンの更新情報を確認する画面が出る。
前回起動時の FireFTP がインストール済みである表示もある。

アップデート

このウィンドウを[×]で閉じよう。

続いて、メニューバーのツールにある FireFTPを起動してみよう。

FireFTPを起動する

FireFTPの日本語版が起動した。

FireFTP


接続用のアカウントを作成する

 では、起動した FireFTP に、ここのウェブサーバーへのログイン情報を登録してみる。

アカウントの新規作成

上記の赤枠をクリックすると、アカウントの管理画面が出る。
メイン-タブを以下のように設定する。

アカウントの管理

① 自分のサイト名など解りやすいもの
② カテゴリをつけるための場所で解りやすいもの
③ 指定されたホスト名
④ 自分のアカウント名
⑤ 自分のアカウントに対するパスワード

FC2の場合は、このようになる。それぞれを自分のものに置き換えて入力しよう。

自分のアカウント

接続-タブをクリックする。

接続

⑥ パッシブモードを使うように指定されている場合は、チェックを入れる
⑦ セキュリティーの指定がある場合は選択する
⑧ 指定されたポート番号を入力する
⑨ ローカル(自分のパソコン内)のデータ格納先(パス)

FC2の場合は以下のようになる。
接続タブ-接続設定とローカルフォルダ
のローカルは私の場合、FドライブのwebsiteフォルダにあるFC2_kumaフォルダに格納している・・・という意味である。
パスを登録すると、接続時に画面左側にホームページのデータが表示され、右側にはウェブサーバー(ホスト)の中身が表示される。

詳細設定-タブをクリックする

詳細設定

⑩ タイムゾーンの設定は、アップロードしたファイルのタイムスタンプに実際の時間とずれがある場合に使用するのだろうか?
   日本はGMT+9:00である。
⑪ 文字コードに指定がある場合に使用。あおもりくま関連サイトは殆どがUTF-8で作成されているので、UTF-8で変更なし。
   その他の文字コードに強制的に変更する場合は以下の設定で良いのかな?

text

全部終わったら下の [ OK ] をクリックして閉じる。 メイン画面で 接続 をクリックするとサーバーに接続を開始する。

接続開始

接続状況のログがパラパラと表示されながらFC2のサーバーに接続された。 サーバーとの接続を切る場合は 切断 をクリック。

ログイン完了



画面の見方とアップロード/ダウンロード


 ウェブページ(ウェブサイト)は、自分のパソコンで作成したローカルデータをFTPを、ウェブサーバー上にアップロードすることでインターネット上に公開され、ウェブブラウザを通してインターネットに接続されたパソコンから閲覧できる。

  つまり、自分のパソコンでウェブページやウェブサイトをイメージしながら作成したデータは、「そっくりそのまま」の状態でウェブサーバーにアップロードす ることで意図したとおりの表示となる。したがって、ローカルに保存されたファイルの配置を1つも崩さずに、そのままそっくりアップロードすることでリンク 切れを起こさないウェブサイトをアップロードしたことになる。

 もしも、パス(ファイルのパス)を無視して、出鱈目にアップロードするとリンク切れを起こしてウェブサイトとして成り立たない。

 FireFTPに限らず、殆どのFTPソフトの画面構成はこのようなイメージで統一されている。

概要

 自分のパソコンで作成したページをサーバーにアップロードするときは、左側にあるフォルダやファイルを右側のウェブサーバーにアップロードすることとなる。

アップロード

 自分のパソコンが壊れたりしてローカルのデータが破損してしまったとしても、アカウント情報さえ分かればウェブサーバーからローカルへデータをダウンロード(保存)することができる。

ダウンロード

 このように、FTPソフトは、ウェブサイトをアップロードして公開するだけではなく、ウェブサーバー(インターネット上にあるサーバー)からローカル(自分のパソコン)にファイルを転送することができる。
 FTPソフトは、地味なHTTPアップローダーや通常のダウンロードと異なり、複数のファイルやフォルダを一気にやり取りするために威力を発揮する。


あおもりくま総合研究所へ戻る

inserted by FC2 system