浪岡城跡地


浪岡城の歴史

 城主は浪岡(北畠)氏といい南北朝時代、後醍醐天皇を助けた北畠親房、顕家の子孫と伝えられています。築城は1460年頃。1500年代前半の最盛期には、浪岡氏は盛んに京都と交流を持ったり県内に数々の寺社を建てています。
 しかし、1562年に親族間での争いが起こり勢力が衰えてしまいます。やがて1578年に大浦(津軽)為信に攻められ落城してしまいました。
 以後、約400年の間、城跡は畠や水田として使われてきました。

浪岡城の概要

城跡:約136,500m3(東西1.2km/南北600m)
堀:幅20m/深さ5mの二重堀/通路として利用。
館(郭):8つが扇状に配置
国史跡指定:昭和15年2月10日(青森県初)

当時の家屋   ←・・・の説明

当時の家屋(左)と説明書き(右)


城跡の立体図

浪岡城跡地立体図


想像図

想像図

コースの入り口   城跡に上る階段
コースの入り口には石碑と階段


周囲の風景1  堀の跡2
二重堀の様子(通路にもなっている)

堀にかかる橋
堀に掛かる橋

周囲の風景
意外と広い敷地である

城跡には囲い  タンポポの目線で

囲い
城跡には囲いがある。


囲いの中  城跡を守るアスファルト
建物跡は保存の為かアスファルトで覆われている。柱は当時の建物の柱の位置を表すのだろうか。

至る所に同様の処理が
至る所に同様のものが見受けられる



Galleryに戻る


inserted by FC2 system